ゲーム「采配のゆくえ」2008/11/06 23:25

ニンテンドーDS用のゲーム、「采配のゆくえ」。
ジャンルは合戦アドベンチャーとなるらしいのですが。
この間からやっていて、ようやくエンディングとなりました。

なぜ、このゲームを?、と言うと・・・
たまたまDS持ってたしねえ、と言うのは、まあ言い訳でして(^^;
ネット友達の千華さんが、ゲーム『戦国無双』から、石田三成、島左近に
はまってしまわれたようだ、と他人事のように思っていました。
なにせ、戦国時代に関しては、あまり知らないし、特に興味もなかった私。
なぜだろう?
思うに、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康とも、あまり好きではないみたい
なのです>σ(^_^;
なので、その周りの人も名前聞いたことあるくらいで。
石田三成と聞いても、「ああ、関が原で敗れた人ね」くらいの知識。
お恥ずかしい限りですm(__)m

で、この「采配のゆくえ」、どうやら、その石田三成が主人公らしい。
さて、どんなゲームなのだろう、と軽い興味で公式サイトをのぞいたところ、
わわっ、登場キャラクターの中に、なんかすっごくビジュアル的にツボの人が
いる(^^;
ごつそうな武将たちの中に、顔に白い布を巻き、ぞろりと裾の長い白い
着物をはおり、たおやかに佇むお人。
なになに、大谷吉継? 誰だろう、それは?

えー、解説によりますと、石田三成の親友であり、友のために関が原に
立った義将、優れた軍才の持ち主ながら、病に冒され、視力を失っている、
とのこと。なるほど、顔の布はそのためか。
で、ちょっと調べてみました。
大谷吉継の患っていた病とは、ハンセン病だったのではないかと言われて
いるそうです。
この時期、すでに顔の皮膚に異常が出ていたのだろう、と。
顔の片面を覆った布は、こういう説をも踏まえてのものだったのですね。
それにしても・・・
う~む、こういうツボの人がいると、俄然このゲームをやってみたくなる(笑)

最近はゲームも面倒になってきている私なので、時間かかりそうなRPG
などは気が進まないし、アクションものは目が回ってできないし(笑)
今年になってやった「デスノート」のLが登場する「螺旋の罠」と言う
アドベンチャーものが気に入ったせいか、そういう感じなら、やって
みたいと思っていたところでした。

「采配のゆくえ」は、主人公・石田三成として、様々なキャラクターとのやり取り
合戦などをして、西軍の勝利を目指すゲームです。
思うままに動いてくれない味方(時には敵)を説得。
へたなコマンドを選ぶと、相手にとことんばかにされます(笑)
そして、合戦では味方をどう動かすか、戦場の状況や味方の状態を見て
正確な采配をする。
間違えても、やり直しはできますが、それが続くと味方の「話を聞く気」が
失せ、ゲームオーバー(^^;

キャラクターは、それぞれけっこう笑えます。
やりとり聞いていても、「これってコメディ?」と思っちゃうくらい。
なにげに、このお笑いモードで私のお気に入りは、宇喜多秀家ぽっちゃん(笑)
名門の大名なのですが、高ビーなのに単純なリアクションの楽しいこと(^^)
三成さんも、説得等で振り回されると、情けないお顔になったりで、おそらく
「無双」系のゲームで、クールな三成さんを見慣れた人だと、「ええ~(-"-;)」と
思うかも(笑)

このゲーム、大まかな筋は、ちゃんと史実に則って進みます。
最終的には、歴史とは違う結末になるのですが。
途中で起きる出来事は、ほぼ史実のままらしい。
なので、戦いの最中に命を落としてしまう人の運命は、変わらないわけです。
最初は、笑いながら進めて行ったのですが、仲間が犠牲になっていくところは
なんとも哀しい。

この辺りが、歴史を題材としたゲームの難しいところでしょうね。
まったく史実の通りにすると、このゲームのように敗者側をメインとして
作ったものだと、哀しいだけの結末になってしまう。
とりあえず、ハッピーエンドにしようとしても、あまりにも歴史をくつがえし
すぎてしまうと、嘘くさくなってしまう。
いまいち、中途半端な出来になるのも、仕方ないのかもしれません。

それでも、なかなか楽しめました、「采配のゆくえ」
石田三成と言う人物に、親しみがわきましたし、最初に目を引かれた
大谷吉継さまも、とても素敵でした(*^^*)
おかげで、しっかり関が原に興味がわいてしまいました(^^;
こうなると、いろいろ本など読んでみたくなります。
あ~、なんてはまりやすい私ヽ(´・`)ノ
人生、どこに落とし穴(?)があるか、わかりませんね(笑)

雑談です(^^;2008/11/05 10:47

ずっとほったらかしになっていた、このコーナー。
三十一文字と共に、いにしえ人について語る、と言うのが、最初に
決めたコンセプトではあったのですが(^^;
なにせ、創作が思うように進まず、サイトの更新もつい滞ってしまう
昨今。このコーナーも冬眠中のままでした。

今回、カテゴリに雑談を加え、歴史関係の勝手なおしゃべりも載せて
いくことにしました。
とは言え、本館の日記も、気がつくとほったらかしになっている状態。
どうも、もともと筆不精らしい>σ(^_^;
そんなわけで、あまりこまめに書くとも思えないのですが、よろしければ
お付き合い下さいm(__)m

さて、先日公開された映画「レッドクリフ」。
もうご覧になった方、いらっしゃるでしょうか。
三国志を読んだ方なら、あの赤壁の戦いがどう映像化されているか、
いささかなりとも興味を持たれるのではと思いますが。
私も、しっかり前売り券をGETして、いつ行こうかと構えています(笑)

私がいつも行く映画館は、水曜日がレディースデーで、女性は1000円で
見ることができます。
当然、狙いたいところですよね。
サービス業なので、基本的に平日休みなのですが、どうしてもお休みが
ほしい日は、前もって希望を出しておかないと、何曜日がお休みに
なるかはお任せ。
運悪く、もうずっと長いこと水曜日のお休みは入っていませんでした。
なので、あきらめて、見たい映画のある時は、前売り券を買うことに
していたのです。

ところが・・・ なんと今月に限り、やけに水曜日休みが入っている(-"-;)
ええ~っ、うそ~、なんで~?(-"-;)
前売り券は1300円、レディースデーのお休みがあると予想していれば
当然買いませんよ。
さすがに、レディースデーに、前売り券持って見に行くのは、しゃくだわ(笑)
なんとか、他の日のお休みに行くしかない。
本当は、田舎の映画館なので、レディースデーと言えども、さほど混んで
いないし、絶対お得なんですけどねヽ(´・`)ノ
せめて、前売り券買ってよかった、と思えるくらい、楽しめる映画である
ことを願いたいです。

すみません、せこいお話でしたm(__)m
「レッドクリフ」、ご覧になった方、ぜひ感想お聞かせ下さいね(^_^)/