暗き森 -安倍晴明-2011/06/29 16:24


森には
多くのささやきが満ちている


ところ狭しと
広げられた枝


青々と光を透かし
または遮ってみせる
豊かなる葉


湿り気を帯びた
道なき道


ここに住まうのは
木々の精たちだけか


それとも


抗えぬ定めに導かれ
迷い込み
抜け出せなくなった
哀しい者たちの魂が


いまだ
この薄闇の森に
彷徨い続けているのだろうか


ひそひそと
しみじみと


ささやきは耳に
流れ込む


助けが必要か?


ならば
我が唱える呪に
その身を任せ


この閉ざされた森の
もっともっと上


高く遠い空へと
思いを飛ばすがいい


そこにこそ
お前たちの憩う場所が
在るのだから


この森は
眠るには
寂しすぎる


(イメージポエム、安倍晴明)

藤 -源博雅-2011/05/06 15:34


今年もまた
藤の花が
美しい時期が来る


さわさわと
風に揺れるたおやかさ


奥ゆかしくも
あでやかな色合い


花の姿そのままに
佇むかの人は


何を思い
何を憂うのだろう


ただ無心に
咲いては散る


巡る時の中で
蘇りを繰り返す花よりも


様々な
厄介事に巻き込まれる


そんな人としての生を
良しとしているだろうか


そうであっってほしい


今のままの姿で
静かに微笑んでいてほしい


それだけを
ひそかに願ってしまう


藤の花の時期は
なおさら



(イメージポエム、源博雅)

紅梅 -密虫-2011/02/16 00:41


もしも
この淡く香る花が
人の形を為さんとしたなら


どのような愛らしい姿と
なることだろう


人としての心を
持つことを覚えたなら


どのような思いの狭間に
揺れることだろう


無垢なまま
美しく咲く花


何にも捕らわれず
清らかに香る花


もう戻れないその様を
少しだけうらやみ


けれど決して
悔いることはない


今の自分を
みつめながら


仄かな切なさをも
かみしめながら


あの方の
お傍にいたいから



(イメージポエム、密虫)

安倍晴明2006/11/01 00:03

言霊に込めし力よ 呪となりて

           天に還さん 迷う虚ろを


陰陽師と言う響きは、なにやらちょっとおどろおどろしい雰囲気まで
かもし出します。
映画やら何やらでも、ぶつぶつと呪(しゅ)を唱え、超人的な力を発して、
怨霊と戦うイメージ(^^;
でも、実際には普通の(ではないのだろうか)人間・・・のはず。
いったいどんな力を持っていたのでしょう。

言霊、と言う言葉がありますね。
言葉には魂、不思議な力が宿ると言う。
それは、現代でも考えられていることのようです。
耳で聞いた言葉は、当然脳に伝わる。そのことによって、脳がどんな
反応を示すのか。
たとえば、小さい頃から、ひとつの観念を繰り返し繰り返し聞かされて
いると、それがしっかりと潜在意識に組み込まれると言う。
「だめねえ」と叱られてばかりいると、自信のない、おどおどとした
子供になってしまう、とか。

この潜在意識と言うのがくせもの(笑)
意識下でひっそり働くわけですから、たとえそのひとつひとつは
ささいな言葉であったとしても、耳から流れ込み、気がつかないうちに
潜在意識にすりこまれている。考えたら、ちょっと怖い(^^;

きっと陰陽師と言うのは、その言霊を的確に操れる人だったのでは
ないでしょうか。
発せられた言葉によって、人は何かしらの影響を受ける。
それが思いのほか効果的であることを、陰陽師たちは知っていた。
それこそ、毒にも薬にもなる言霊の力。
どんな相手にどんな言葉が有効なのか、相手が縛られている楔を
解き放つための言霊を研究している人、言霊使いのプロ、そんな
気がします。

夢枕獏さんの小説「陰陽師」に登場する安倍晴明曰く、「この世で
一番短い呪は名前」なのだそうですが(^^;
さて、あなたの名前はどんな呪になるのでしょうね。

源博雅2006/01/20 23:20

鬼だとて 宿世(すくせ)を嘆く夜もあらん

            月よ この手の笛と共に泣け


夢枕獏さんの小説「陰陽師」に登場する源博雅は、実在の人物
だそうです。
小説と同じように、雅楽に優れ、宮中での出世などにはどちらかと
言うと疎いタイプだったようで・・・
ただし、安倍晴明の親友だったと言うのは小説上の設定。
まあ、同じ時期に同じ宮中にいたのですから、顔見知りであった
くらいはありえますよね。

小説での博雅は、晴明をして「お前は本当にいい漢(おとこ)だ」と
言わしめるほど、純粋な優しさを持った人物として描かれています。
たぶん、相手が鬼や魍魎であったとしても、その心の闇の奥に
哀しい風景を見てしまったとしたら、きっと相手のために泣きながら
笛を吹いたりもしたのだろうと。
人の痛みをまっすぐに感じ取って、ただ哀しむ・・・
そんな人が奏でる笛は、どんな澄んだ音色だったのでしょう。