椿 - 沖田総司 -2010/12/29 00:04

寒空のもと
くっきりと咲く
紅の花は


命そのものの
色のようだ


名残も見せず
咲いたままの姿で


ふいに
ぽとん、と
落ちてしまう


執着がないから、
などではないと思いたい


きっと
ぎりぎりまで


咲いて
咲いて
咲ききって


だから
見事に
散ることができるんだ


なんて
美しい、と


この目が
惹きつけられてしまう


もしかしたら
いや、たぶん


私は
うらやましいのだろう


あまりにも潔く
咲いて散る
あの椿の花が


自分の生き様を
悔いたりしたくない


だから
どんな苦しい時だって


まっすぐに
立ち向かう


いつものように
笑って


(イメージポエム、沖田総司)

コメント

トラックバック