小説は難しい!2008/12/10 00:23

新選組の小説「天狼の哭く夜」の二回目を、ようやくアップしました。
う~む、難しい。
当たり前のことですが、小説と言うのは、本当に難しいですねえ。

私の場合、いつも書きたいイメージがなんとなく浮かぶと、その後の
プロットなどは、かなりいい加減なまま、書き始めてしまう。
漠然とした展開は、頭にあったりするのですが、それすらも途中で
どんどん変わってきてしまうことがあります。

書こうと思うシーンを、映像として思い描いてみてはいるのですが、
それを文章にした時に、はたして読んで下さった人に伝わるどうか。
自分の文章を客観的に読むのは、難しいですね。
どうしても、「自分だけわかっている」状態になってしまいます。

なので、とりあえず形になったものは、すぐにアップしたいのをぐっと
我慢して、いったん保存してパソコンを閉じます。
次の日、何も考えない状態で読み返してみて、不自然なところ、
足りないところ、余分なところなど、ひっかかる部分をあれこれ手直し
してみます。
そこで、また保存したまま、我慢(笑)
さらに次の日に、もう一度読み返し、ひっかかりが気にならなくなったら
ようやくアップ。

それでも、やはり読み返すと、「これでどうなんだろう」と、頭をひねること
多々あります。
なかなか満足するものは書けませんねえヽ(´ー`)ノ
それでもつい書いてしまう。因果なものです(笑)

拙いお話を、読んで下さった方、本当に感謝しています。
ありがとうございますm(__)m

コメント

_ 千華 ― 2008/12/11 22:08

翠蓮さん、こんばんは~。
今日はこちらにおじゃまさせていただきました。
「天狼の哭く夜」その2も、拝見してきたのですが、やはりどうしてもすぐに感想を書くことができません。
もうしばらく胸の中に温めて、あと何度か繰り返し読ませていただいて、改めて感想を書かせていただこうと思っています。

拍手お礼の詩も拝見しました。
最初の詩は…土方さん。これは雰囲気でわかりましたよ。
次は総司。これも、読んでいくうちに、あ、きっと総司だなって。ちょっと真面目すぎていつものふんいきじゃなかったような気がしたけど。
そして最後の詩。…え? 誰?と思ったら、平ちゃんだったのですね。
そうか、油小路だものね。

今の私、とんでもなく平ちゃんLOVEです。
その私に、この詩は…ヤバイ。悲しすぎる。
ちょっと気弱なところも、迷いながら悔やみながら、それでも自分を叱咤して前に進もうとするけなげなところも、何もかも切なくていとおしい。
魁の名の通り、真っ先駆けて死んでしまったかれが、これほど悲しく思えたことはありません。
BGMもよくて…泣けました。(T_T)

この先、ますます辛い展開が待っているのでしょうね。
書いておられる翠蓮さんも、かなり辛いのでは?
それでも、緊迫したお話の続きを、楽しみに待っております。
がんばってください!

_ 翠蓮 ― 2008/12/11 23:16

千華さん、こんばんは~
コメント、ありがとうございましたm(__)m

「天狼~」とweb拍手の詩も見て頂けて、嬉しいです。
「天狼~」の方は、私もかなり苦戦しながら書いてます。
油小路を題材にと決めた時から、わかっていたはずなのに
やはりしんどいですねえヽ(´・`)ノ
書けば書くほど、救いがなくなりそうです。
はたして、途中で投げ出さずに書ききれるか(^^;

>最初の詩は…土方さん。これは雰囲気でわかりましたよ。
次は総司。これも、読んでいくうちに、あ、きっと総司だなって

あはは、そうでしたか、さすが千華さん(^_^)v
どうもね、詩になると、なんとなく形式みたいなものが
自分の中にあるのか、小説ほど自由にはなりませんね(^^;
でも、一部分だけ切り取るので、その点は小説より楽ですが。

>え? 誰?と思ったら、平ちゃんだったのですね。

「薄桜鬼」モードの平助くんではないですけどね(笑)
どちらかと言うと、おぼっちゃん風のイメージなんですよ、
私の中での平助くんは。
でも、みんなから魁先生と呼ばれていたくらい、まっ先に
戦いに飛び込んでいったと言うエピソードは、とても印象に
残っています。

>今の私、とんでもなく平ちゃんLOVEです。

おお、やっぱり~(^^)
お互い、見事にはまってしまいましたね。
私は、ずっと「斎藤さんLOVE」状態です(*^^*)

>BGMもよくて…泣けました。(T_T)

わぁ、平助くんLOVEの千華さんに泣いてもらえたなら
冥利につきます。
ありがとうございましたm(__)m
また、いろいろドツボのお話をしましょう(笑)

トラックバック