沖田総司 (2)2007/01/15 00:03

斬るならば 苦しむ間すら与えずに

             この一閃は 刹那の情け


新選組を題材にした小説やら漫画やらは、かなりたくさん
あるのでしょうね。
私は漫画には疎くて・・・知らないものが多いのですが
たまたま岩崎陽子さんの「無頼」と言う漫画を見ました。

「無頼」の主人公は珍しく(?)、斎藤一。
斎藤ファンの私は、喜んで飛びついたわけです(笑)
いやもう、文句なくかっこよかった・・・のですが(^^;
それよりも目が行ってしまったのが沖田総司。
今更ながら、あらためて沖田総司に惹かれました(^^;
ここで描かれる沖田から感じたものは、強さでした。
剣の腕はもちろん、心の強さ。それも、重々しさや
悲壮感のない、あっけらかんとした強さ・・・

天才と言われる剣、それはあの時代には「斬る」ことのみを
運命づけられた剣でもあったのかもしれません。
子供のままのような天衣無縫な青年、人を斬ることが彼に
どんな変化や葛藤をもたらし、それをどう自分の中に
呑み込んでいったのか・・・

沖田の剣を想像する限り、そこに迷いは感じられません。
もしかしたら、斬られる人にしてみたら、それこそ一瞬の
苦痛もなく、と言うほうがまだいいのかも。
いえ、それでもそこには動かし難い冷徹さが存在します。
あの時代に生きた人の気持ちを、今私などがわかろうはずも
ありませんが。

何を思っていたのだろう、何に明日を見出そうとしていた
のだろう。
救いはあったのだろうか、後悔は?自己嫌悪は?
解けるはずのない謎の堂々巡り・・・
ひたすらに剣を握り続けた天才剣士の生き様を、果てしなく
想像する自分がいます。

姜維 (2)2007/01/17 22:56

駆け抜けし 我が生き様を 天に問う

         煌星(きらぼし)の君 今こそみまえん


1月18日は、姜維の命日と言われているそうです。
現代の暦にすれば、3月はじめくらいらしいですが。

魏の武将として生きながら、孔明の前に降りた姜維。
孔明の遺志を継ぎ、あくまでも魏との戦いに挑み続けた
その生き様は、時に批判をも受けています。
あまりにも無謀な戦いを続けたと・・・

けれど、たぶん姜維には、その生き方しかなかったのかも
しれないと思ったりします。
病をおしても、司馬懿との戦いに身を投じ、ついに五丈原に
斃れた孔明を見守っていただけに、姜維は魏との戦いから
逃げることなどできなかった。
蜀の国に、魏軍を立入らせぬこと、そのために何度でも
戦いに出向いたのでしょう。

残念ながら、この姜維の決意は、成都の宮中の者たちの
理解するところではなかった。
宦官らが権力を振るい、宮中は堕落しきっていたから。
亡き孔明が、もっとも嫌ったであろうその様子に、姜維も
どれほど心を痛めたことか・・・

蜀のため、最期まで戦い斃れた時、姜維の胸にあったのは
はたして何だったのでしょう。
導いてほしいと願い続けたであろう、天の星となった人に
ようやく会える・・・
そんな安堵の思いがあってくれたらいいと、ひそかに思います。